気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

ミスを減らす

バドミントンで試合に負けた後、今日はミスが多かったな、もっとミスを少なくすれば勝てたはず、なんて思ったことありませんか?自分はいっぱいあります。でも、ミスを少なくできれば、という考えだけだと上達が難しいのではと思います。

ミスを減らしてくれ、と言われてすぐにできる人はなかなかいないのではと思います。もっと具体的にどうすれば良いかを考える必要があります。

まず、それは本当にミスだったのか、を考える必要があります。追い込まれた体勢で打ったショットがアウトやネットになったのだとしたら、それはミスではなく追い込まれた体勢で取らざるを得ない状況になったことが主要因である可能性もあると思います。そうするとその前に打った自分のショットが甘かったとか、フットワークが悪かったとか、原因を考えることができ、そこを改善していけば上達に繋げることができます。

それから、しっかりした体勢で打ったにも関わらずミスしてしまった場合は、消極的なショットを打ったことが原因の可能性もあります。ここで言う消極的なショットとは、1発で決めたり、アドバンテージを取りたいと考えてラインギリギリやネットギリギリを狙ったショットを意味します。もちろん凄く練習をしていて百発百中で精度良く打てるなら問題ないですが、それは相当難しいので、当然ながらある程度の確率で失敗することになります。つまりこういうショットを打った時点でミスしてあたり前なのです。なので、凄く精度良く打つ練習をするだけではなく、そういう消極的なショットを打たないようなラリー展開を考えていく必要があります。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。