気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

思考停止

バドミントンの試合をしていて、何も考えずに打っていることありませんか?例えばダブルスでこちら側に球が上がってきて自分が後衛の時にひたすら同じようにスマッシュを打つとか。自分はよくあります。思考停止モードになっちゃってますが、これだとまずいですよね。

上記の例だと、まずスマッシュを打つにしてもコースや速さなどを意識する必要があります。同じように打つことは相手からすると楽な処理しやすい球ということになってしまい、点を取れる可能性が低くなってしまいます。それからスマッシュだけでなくてドロップやカット、クリアなどを混ぜてみることが有効な場合も多いです。球種やコースや速さにバリエーションがあるほど相手は迷うと思います。ただ、もちろん相手にはよると思います。意表を突いたとしてもそれが相手にとって楽に処理できる球だとしたら意味がないです。なので相手に応じて有効なショットをうまく組み合わせて使っていくイメージになるでしょうか。

少し極端なことを言うと、自分が打った全てのショットの1つ1つが何かしらの根拠に基づいているべきだと思います。なぜあそこでクロスにヘアピンを打ったのか、ストレートにドリブンクリアを打ったのか、少し高めのスマッシュを打ったのか、とかの根拠が説明できるかどうかということです。これまでなんとなくやっていたことも、そう考えてみると新しい発見があるかもしれません。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。