気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

ロングサーブかショートサーブか(シングルス)

バドミントンのラリーは必ずサービスから始まります。シングルスの時、皆さんはロングサーブとショートサーブのどちらから始めますでしょうか?昔はロングサーブが主流だったみたいですが、今はショートサーブの方も多いですよね。

自分はロングサーブから始めることが多いです。理由はまたしても消極的なのですが、ショートサーブから始まるスピード感のあるラリーが苦手だからです。ロングサーブであれば少なくとも相手の1本目はコートの奥から来るので、気持ち余裕をもってラリーに入れます。

ただ、ロングサーブはコースや飛距離を安定させるのがショートサーブよりも難しいですよね。それなりに奥まで飛ばさないと厳しいショットを打たれてしまいますし。そういう意味ではショートサーブから始めるパターンも練習はしておいたほうが良いのかななんて思います。

一方で自分が受ける側になって考えて見ると、やはりどちらかというとロングサーブから始めてくれるほうがやりやすいですね。理由は同じです。ただ、毎回綺麗に奥まで、かつ真上から落ちてくるようにサーブを打たれると相当辛いですね。そこから何を打っても甘くなってしまって、もうどうしていいか分からなくなってしまいます。

サーブについてもなんとなく打つのではなく、いろいろと考えて試してみると面白いかもしれません。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。