気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

試合前の練習で見るところ

バドミントンの大会に出ると、試合の前に対戦相手や他の出場者が基礎打ちしている姿を見ることが多いのではと思います。そしてその時、

やばい。みんな上手い。どうしよう。。

と思ったことはないでしょうか??

自分は毎回思います(笑)

でも、その精神状態が実際の試合にマイナスに働くことがあります。普通にやれば勝てたかもしれない相手でも、自分から変に焦ってミスして負けてしまったりします。

なので、ちょっと考え方を変えるように意識すると良いことがあるかもしれません。

まず、基礎打ちは基本半面です。かつお互いに打つショットが分かっていることが多いです。つまり、打ちやすい条件が整っていて、速いショットやキレのあるショットも打ちやすい状態になっています。でも実際の試合では次に何のショットが来るかは断定できない状態で、コート内を動きながら打つことになります。基礎打ちと同じ速さや精度でショットが打てるとは限りません。基礎打ちだけを見て相手の実力を判断してしまうのは危険です。

それから、1つ1つのショットを冷静に観察するように意識したほうが良いと思います。得意なショットと苦手なショットが何か、フォームに癖はあるか、フェイントっぽいショットはあるか、などです。それらの情報をもとにどう試合を展開していけば良いかを少しでも考えられると良いのかなと思います。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。