気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

体で打つ

バドミントンを始めたばかりの頃は、1つ1つのショットを打つ際のラケットの動かし方を教えてもらったとか、ひたすら素振りの練習をしたとか、たくさんフットワークをした、という方も多いのではないでしょうか?何事も基本からなので、これらは非常に重要だと思います。

ただ、ショットを打つことに関して言うと、腕や足の動きばかりについつい意識がいってしまいがちなのですが、個人的には

体で打つ

ということをもっと意識したほうが良いと思っています。もちろん最終的には手で持っているラケットを介してシャトルに力を加えて飛ばすのですが、体全体の力を伝えるというイメージを持って打ったほうが良いと思っています。

体で打つことのメリットはたくさんあると思います。

・安定性が高い。ぶれが小さくなるのでより厳しいコースをつけるし、自分からアウトやネットにしてしまうことが少なくなる。

・少ない力で強いショットが打てる。無駄に力を消費しなくてよくなる。速い球にも対応しやすくなる。

・相手に球種がバレにくい。フェイントも使いやすくなる。例えば強いショットを打つ時に必ずラケットを大振りしていると簡単に相手にも分かってしまうが、少ない動きでそれなりに強いショットが打てると相手にしても強い球がくるのか弱い球がくるのか判断しづらい。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。