気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

スマッシュレシーブ(シングルス)

シングルスは自分1人でコートを守らないといけないので、よりフットワークは重要になってくると思います。そんなシングルスでの、サイドライン際に打ち込まれるスマッシュのレシーブについて考えたいと思います。

バドミントンのショットの中でスマッシュは最も攻撃的で速いショットになります。そのためこちらも早く判断して動く必要があります。

 

相手の打球判断 - 気ままにバドミントンブログ

 

それから動き方ですが、遅いスマッシュ、あるいはコースが甘い場合は別ですが、基本的には通常のフットワークの要領で2歩では間に合わないです。なので、スマッシュが飛んできた側とは逆側の足で床を蹴って、サイドに飛びつくイメージで動くのが良いのかなと思っています。その際、なるべく体のバランスを取りながら動けるほうが良いですが、間に合わない場合はとりあえずラケットにシャトルはあてて相手のコートに返し、その後で体のバランスをなるべく早く立て直すようにするのが良いのかなと思います。

まだ自分でも検証中ではありますが、こういう意識を持って練習していこうと思います。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。