気ままにバドミントンブログ

気ままにバドミントンについて綴るブログ

攻撃力より守備力のほうが伸びる?

バドミントンの試合の時間について、シングルスでもダブルスでも、傾向としては上手い人ほど1ラリー1ラリーが長いし、トータルの試合時間も長いと思います。ちょっと不思議に思うのが、上手い人は凄くキレのあるショットや高速で角度のあるスマッシュとかを繰り出すことができるにも関わらず、試合時間が長いのです。それは何を意味しているかと言うと、上手い人は攻撃力も凄いが、それ以上に守備力が凄いのではないか、ということです(あくまで仮説ですが)。つまり、もしバドミントンスキルの到達の限界点があるとすると(実際はそんな明確なものはないですが)、そこでは攻撃力より守備力が高いと思うのです。もちろん上手い人は簡単なミスが少ないというのもあるとは思うのですが、それだけではないような気がします。

一方で自分はというと、簡単に点を取られることがよくあります(笑)。そんな時も、守備力のほうが伸びる余地は多いのだから何か対応方法はあるはずだ、と上記の内容をプラスに捉えて練習をするようにしています。

 

今回も勝手に思ったことを書きましたが、少しでもお役に立てると幸いです。